本文へスキップ

アクセスホームさくらは障害者が社会の中で活き活きと生活できるよう、就労支援活動をする指定障害福祉サービス事業所です。 

電話でのお問い合わせはTEL.0243-24-1664

〒969-1404 福島県二本松市油井字福岡168-1

さくら通信 Vol.1(H27.4.1)


 段々と暖かくなり、春の訪れを感じられる季節となりました。
 新事業所に移転して、もうすぐ半年が経とうとしています。
 新しい年度に向けて気持ち新たに取り組んでいけたらと考えています。

 今年度も、「さくら」をよろしくお願いします。

 今後は、「アクセスホームさくら」の活動の様子を、この「さくら通信」で
 お伝えしていきたいと思います。

  
    



          

助成していただいた皆様をご紹介致します。

 
 11月から二本松市油井に移転し、新事業所で活動を始めることが出来ました。
 これは、たくさんの方々の御協力があってのことだと、感謝の気持ちでいっぱいです。
 今回は、新事業所を施工するにあたって、助成をいただいた皆様をご紹介させていただきたい
 と思います。



 
 社会福祉法人NHK厚生文化事業団 様   
 「わかば基金」

 
 事業所の新設に伴う、事業所内のデスクや収納庫などの備品整備費として利用させて
 いただきました。
 新設した事業所は、機能的な空間へと変わり、利用者さんの作業効率の向上、迅速な
 事務処理が可能となりました。新しい備品に囲まれ作業出来るようになり、皆嬉しそ
 うに作業に取りくんでいます。

 利用者・職員一同、ご支援いただいたことに感謝し、末永く大事に利用していきたい
 と考えています。



 
    
  相談室の椅子です。おしゃれで      職員室の収納庫です。
  清潔感のある空間となっています。    キチンと整理でき、仕事も捗ります。













 近畿ろうきん地域共生推進部 様       
 「ゆめ風基金」


 新事業所の建築費の一部として利用させていただきました。
 二本松市で事業所の新設を決め、地価・建築資材の高騰で、資金難に困っていた際
 助成をいただき、無事建設することができました。
 
 新しい事業所に移転してから、広くて明るい日差しが差す空間で、気持ちよく作業をしたり
 昼休みに外で運動したりと充実した楽しい時間を過ごせています。

 これも、ご協力下さった「ゆめ風基金」様のおかげだと日々感謝しております。
 助成していただき、本当にありがとうございました。



   
 事業所の西側です。出入りしやすい     施設の東側です。日当たりが良く
 駐車場になっています。          昼休みには気持ちよく運動ができます。



 
   
 事業所内の廊下です。天井から日差しが   多目的室からの写真です。職員室、その
 入り、明るく清潔感があります。      先の作業室まで見渡せる造りで、部屋の
                      仕切りが気にならない一体感のある雰囲
                      気が感じられます。













 
 社会福祉法人中日新聞社会事業団 様
 「東日本復興支援事業」


 お菓子製造用のコンベクションオーブンの購入費用として利用させていただきました。
 以前は、一台のオーブンでお菓子製造を行なっていましたが、お陰様でお菓子の注文が多くなり
 製造が間に合わず、思うように事業が展開出来ない状況にありました。

 現在は、2台のオーブンが使える状況になり、より効率的にお菓子の製造が出来るようになり
 製造に携わっている利用者さんも、余裕をもって作業に取り組むことが出来ます。

 これからも、たくさんのお菓子をお客様に届けられるよう、頑張っていきたいと考えております。
 ご支援いただきまして、本当にありがとうございました。



   
 2台のオーブンレンジを使って       製造量に余裕が出たので、利用者さん
 一日の製造量も格段に増えました。     も慌てずにオーブンを操作できます。
















 公益財団法人福島民友愛の事業団 様

 お菓子製造で使用する作業テーブルとプレート収納台購入の費用として利用させていただきました。
 
 焼き菓子をオーブンで焼く際、鉄板のプレートを使用します。焼いたお菓子は、温度が下がって
 から袋詰めしますが、以前は効率よく冷ますことが出来ない状況で製造していました。
 プレート収納台があることで焼いたお菓子をプレートごと収納することで、効率よく場所も
 取らずに温度を下げることが出来るようになりました。
 
 また、焼き菓子の種類によっては、オーブンから出してすぐに加工しなければいけないもの
 もあり以前からステンレス製のテーブルが必要だと考えておりました。
 お陰様で現在は、焼いたお菓子をアツアツの内に加工出来るようになり、これから益々
 お菓子のレパートリーも増えそうです♪
 それに加え、以前より高さのあるテーブルで立ったままでも作業が出来るようになり
 利用者さんの負担も減り、作業効率も格段に良くなりました。

 ご支援いただき、本当にありがとうございました。



   
 ステンレス製テーブルです。       レアチーズケーキを作っています。
 立ち仕事も使い勝手が良い高さで     おいしくな〜れ♪
 収納もついています。





   
 プレートの収納台です。場所を取らず    プレートが入れやすく、高さも
 スタイリッシュな造りです。        使いやすいので、利用者さんも
                      喜んで使用しています。












新事業所での作業時の様子です

          
 新しいさくらでの、いつもの作業風景を紹介したいと思います。


 お菓子製造の作業です。


   
 ラスク用のパンにバターを薄塗りします。   レアチーズケーキを作っています。
 塗ったら、オーブンプレートに並べてい    重さを測って、均等にします。

 きます。


   
   真剣な眼差しですね。慣れる      ラスク用のパンの表面にグラニュー糖を
   までは、力加減が難しいです。     つける作業です。
        



 
 車部品組み立て作業です。


   
  金属のワイヤーに、ナットとボルトを    完成した部品を箱に詰めて納品します。
  組んでいく作業です。工程ごとに      キチンと製造番号を確認しています。
  分かれて作業しています。



   
  ナットに、ボルトを指定の長さまで      ナット入れの作業です。
  締めつける作業です。先日からネジ      裏表を正確に組まないといけません。
  巻きの道具を使って作業しています。









今年の抱負を決めました

   
 新年の始めに、例年通り「今年の抱負」を各自考えました。    
 「休まずに頑張りたい」や「お菓子作りを頑張りたい」といった
 目標が多く出ていました。
 
 中にはユニークな抱負もあり、今回その中から、いくつか紹介したいと思います。


                                   





 「工賃をたくさんもらう。Kさんの顔を見ることです」   T.Hさん

 
  ・工賃を上げるというのは、皆が目指している目標でもあります。
  「Kさんの顔を見ることです。」とは、恐らくKさんと仲良くしていきたいということで
   しょうね。








 「一般就労すること。彼女に会うことを期待すること。」 K.Sさん


 ・Kさんは、企業実習の成果が実り、3月末から一般就労という夢を叶えることが出来ました。
  遠方にいる彼女に早く会うために頑張るそうです。
恋の力って素晴らしいですね。








 「今年ふたりで、おかしのシール貼りをしたいです。
      M(本人)とAちゃんも、ふくろやりたい。」  M.Oさん



 ・お菓子製造にも、袋詰めやラベル貼りといった作業があります。
  とにかくMさんは、大好きなAちゃんと一緒に袋詰めをしたいようです。




 「楽しいひとときをKさんとAちゃんで職員さんと
        ロマンスを感じたい。少しも寒くないわ」  K.Wさん



 ・独自の世界観ですね。とにかく楽しい生活を送りたい…ということだと思います。
  流行に敏感なKさんは、現在「
3代目j Soul brothers」に夢中のようです。



 まだまだ紹介しきれませんが、今年もそれぞれの目標に向かって夢を実現出来たらいいですね。
 今後も利用者さんの更なる飛躍を期待したいと思います。






  


    

information

アクセスホームさくら

〒969-1404
福島県二本松市油井字福岡
168-1
TEL.0243-24-1664
FAX.0243-24-1664
MAIL: acsakura.yw@yellow.plala.or.jp