本文へスキップ

アクセスホームさくらは障害者が社会の中で活き活きと生活できるよう、就労支援活動をする指定障害福祉サービス事業所です。 

電話でのお問い合わせはTEL.0243-24-1664

〒969-1404 福島県二本松市油井字福岡168-1

さくら通信 Vol.7(H28.6.29)


 梅雨の季節に入りました。もうすぐ暑い夏がやってきますね。

 さて今回は特別篇として、キャロライン・ケネディ駐日アメリカ大使が、
 アクセスホームさくらを訪問された様子をお伝えしたいと思います。



キャロライン・ケネディ駐日アメリカ大使が
アクセスホームさくらを訪問されました。

 
 6月9日(火)
 
 この日は、AAR Japan(NPO法人 難民を助ける会)のご紹介のもと、
 福島県内で風評被害や避難生活が続く11事業所が力を合わせて製造・
 販売を行なっているプロジェクト「魔法のおかし ぽるぼろん」の視
 察ということで、キャロライン・ケネディ大使が来所されました。

 

 AAR Japanの理事長、長有紀枝様も来所され、ご挨拶のあと、利用者
 さんは、ケネディ大使が来所されるのを、まだかまだかと待ちわびて
 いる様子でした。

 
 

 
来所されたケネディ大使は、作業に取り組む利用者さん一人一人に
 声を掛けられ、交流を深めていらっしゃいました。
 話し掛けられた利用者さんは、緊張した様子でしたが、夢のような
 時間を過ごしたようでした。



 
また、ケネディ大使は作業内容にも興味を持たれ、「このお菓子、
 とっても美味しいわね。感動したわ。」と、ラスクやケーキを褒
 めていただいたり、「この部品の使われている車を見掛けたら、
 皆さんが一生懸命作業している姿を思い出すわ。」と激励の言葉
 を掛けていただきました。


  

 
その後、ケネディ大使、AAR理事長の長様、当事業所の渡邊所長
 で対談をされました。
 対談の中で、ケネディ大使は、日本の障がい者の就労の現状につ
 いて、深く関心をおもちで、アメリカでの現状の話など、障がい
 者の生活水準の向上を強く望まれている様子でした。

 
 
 
 
最後に、さくらで作ったラスクをケネディ大使が購入して下さり、
 全員で記念撮影をしました。
 たくさんのフラッシュの中、皆緊張しましたが、撮影が終わってから
 ケネディ大使より、利用者の皆さんに、チョコレートを一人ずつプレ
 ゼントしていただきました。


 

 
  ↑ プレゼントしていただいたチョコレートです。
    よく見ると、ケネディ大使の名前が入っています。

 

 
この度の訪問は、私共にとって非常に貴重な時間となりました。
 ケネディ大使を始め、AARJAPANの皆様、関係機関の皆様に心から
 感謝申し上げます。


 
この経験を通して、今後も「アクセスホームさくら」は精一杯
 頑張っていきたいと思います。



information

アクセスホームさくら

〒969-1404
福島県二本松市油井字福岡
168-1
TEL.0243-24-1664
FAX.0243-24-1664
MAIL: acsakura.yw@yellow.plala.or.jp